キービジュアル

Q&A

Q&A

Q&A

自己資金が少なくても購入できますか?

準備していただきたい自己資金は物件に購入に充当する頭金と諸費用の合計です。住宅ローン等の利用ができる場合もありますのでお気軽に担当者までご相談ください。

手付金はどの程度必要ですか?

通常手付金は売買価格の10%を売主様に支払うケースが多いです。手付金を少額にすることは可能ですが、契約を解除したい時に手付金を放棄することで無条件で契約を解除することができるという性格上、安易な契約の解除ができないよう、売主様、買主様の双方にとって、少額の手付金は望ましくはありません。

車のローンがありますが、住宅ローンを借りることはできますか?

車などのローンがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮して住宅ローンの月々の支払いが可能かどうか審査が行われます。

中古住宅のリフォーム費用は売主、買主どちらが負担しますか?

中古住宅は現状引渡しのケースがほとんどですので買主様のご負担となります。

希望条件の優先順位がつけれません。

優先順位はそれぞれのお客さまにより異なりますので、正解があるわけではございません。ご相談にお答えいたしますので担当者にお気軽にお申し付けください。

価格交渉はできますか?

価格も含めた契約条件は売主様と買主様との間で調節を行います。

マンションにするか戸建にするか悩んでいます。

お客様の物件種別の好み、ご家族構成、生活設計などにより回答は変わります。お話をよく聞かせていただいた上で、アドバイスをさせていただきます。

購入後に住宅を保有するためにどのような費用がかかりますか?

不動産を所有していると、固定資産税や都市計画税などの税金がかかります。また、マンションの場合は管理費、修繕積立金などが必要になります。戸建ての場合でも、長期的に考えますと、修繕、リフォームの費用も考慮しておくことをお勧めします。

不動産を購入する際の確認するポイントはありますか?

マンション、戸建、土地、事業物件など、個々の不動産によって確認するポイントは変わります。ご購入される人が何を重視するかどんな用途で購入するか確認するポイントは異なります。

お問い合わせ

9:00~18:00 / 水曜定休 / 2月~4月第1週は無休